よくある質問

アプリをアンインストールできません!

アプリをアンインストールする最適の方法は、アプリのメニューにある「アンインストール」オプションを利用することです。 当アプリは端末の管理権限者として機能していますので、アンインストールする前に端末管理者としての権限を停止する必要があります。

uninstall-320

この方法が上手くいかない場合、ごくまれに発生する Android 特有のバグが原因で端末の管理権限アプリがアンインストールできない可能性が考えられます。 この状態は Android 自体に起因するバグですので、スキップロックが原因ではありません。 このバグを回避する方法は 2 つあります。 ルート権限を利用する方法と、利用しない方法です。

ルート権限を利用する方法:「Titanium Backup(プレミアムバージョン)」や他のルート権限アンインストーラー・アプリを利用し、スキップロックを停止あるいはフリーズさせアンインストールしてください。

ルート権限を利用しない方法:「電源を切る」メニューが表示されるまで端末の「電源ボタン」押し続けます。次に[電源を切る]を長押し、セーフモードで端末を起動します。 セーフモードでの再起動を許可するポップアップ・ウィンドウが表示されますので、[OK]をタップしてください。 セーフモードで起動したら、「設定」>「セキュリティ」>「端末の管理」へ移動し、「スキップロック」のチェックを外し端末の管理者権限を停止してください。 権限を停止してもチェックボックスのチェックが外れない場合、もう一度セーフモードで再起動し権限を停止を試みてください。 作業を何度も繰り返さなければならない場合があります。 権限の停止とセーフモードでの再起動を繰り返すと、いずれチェックは外れます(あるいはリストから削除されます)。 端末管理者としてスキップロックの権限を停止した後、「設定」>「アプリケーション」>「スキップロック」へ移動し、一般的な手順でアンインストールできます。

safe-mode-320

スキップロックをアンインストールしたのですが、いまだに携帯からパスワードを求められます。

スキップロックは、インストール時にルート権限の無い端末上に Android システムのパスワードを設定します。 そのため、スキップロックをアンインストールした後でも Android のパスワードはシステム内に残ります。 削除するには、 Android の「セキュリティ」設定で画面ロックを設定しないか「スライド」に設定してください。

screen-lock-none-320

Wi-Fi 接続時に携帯のロックが解除されません。

「スリープ時に Wi-Fi 接続を維持」を「常に使用する」に設定してください。 Android にある「Wi-Fi」設定で実行できます。 「設定」>「Wi-Fi」>「詳細設定」>「スリープ時に Wi-Fi 接続を維持」。 さらに「設定」で「Wi-Fi タイムアウト」を長めに変更してください。 90 あるいは 120 秒がお勧めです。

「スライドして画面ロックを解除」を「オン」か「オフ」にできますか?

はい。 携帯がロックされていない(Wi-Fi や Bluethooth 接続時)間に、「設定」>「セキュリティ」>「画面ロック」へ移動し、設定を有効化しないか「スライド」を選択してください。

screen-lock-none-320

自宅の Wi-Fi ネットワークに接続したのですが、携帯のロックが解除されません。

ネットワークに対し複数の Wi-Fi ルーターを設置している場合、すべての Wi-Fi 回線を手動で追加し、ネットワークに接続する際は「すべてのネットワークをこの名前に追加」にチェックを入れてください。 雇用主が従業員の携帯でアクセスする際にパスワードポリシーを設定をしている場合、スキップロックは対応できません。 多くの企業の「Exchange」メールユーザーがポリシーを実施しています。 ただし、ルート権限がある場合は回避できる可能性があります。

すでに Wi-Fi ネットワークに接続しているのに、なぜパスワードを入力しなくてはならないのですか?

初めて Wi-Fi ネットワークに接続した直後にパスワードを入力する仕様になっています。 携帯が盗難や紛失にあった際に、誰かがあなたの携帯を使い、あなたの自宅でロックを解除することを防止するために設定されています。 Wi-Fi ネットワークに接続している間にパスワードを 1 度入力すれば、Wi-Fi を停止したり接続を解除するまで再入力する必要はありません。

自宅/職場を離れてすぐに端末がロックされないのはなぜですか?

第 1 に、Android に内蔵されたロック遅延機能が作動していることが考えられます。 第 2 に、画面「オフ」の際に端末の Wi-Fi 信号が消えた場合、Wi-Fi 信号が再接続可能かどうかしばらくの間(デフォルトでは 60 秒)待機する仕様が原因だと考えられます。 その場合、端末はロックされません。 この機能は、Wi-Fi 信号が一時的に遮断された場合でも、そのつど携帯をロックしないようにする目的で設定されています。 60 秒以内に Wi-Fi へ再接続できない場合、端末は自動的にロックされます。 この待機時間はスキップロックの「Wi-Fi タイムアウト」設定で調整可能です。

Wi-Fi タイムアウトの設定で何ができるのですか?

上の解答を確認してください。

再起移動した後、少しの間ロックされないのはなぜですか?

携帯がロックされていない状態で再起動した場合、再起動した際にロックが解除されたままになります。Android はシャットダウンすることをアプリに知らせないので、シャットダウン前にスキップロックが携帯をロックすることはできないのです。 スキップロックは再起動時にスタートし、可能な限り迅速に携帯をロックします。 しかしながら、端末起動時は他のアプリやシステムソフトが多数スタートするため、システムの都合によりスキップロックが即座にスタートできないことがあります。 この仕様を改善することはできません。 ただし、これは現実的なセキュリティリスクとはなりません。 携帯がロックされていない状態で再起動した場合にのみ発生する症状なので、ロックされていない状態であれば再起動自体がセキュリティの問題になることはありません。 問題となり得るのは、ロックされていない状態で携帯をシャットダウンし、安全な場所を離れ、そのままロックせずに紛失した場合のみです。 そのような事態は、なかなか起こらないはずです。

端末ごとにアップグレードを購入しなくてはいけませんか?

いいえ。 一度アップグレードを購入していただけば、お持ちの端末すべてに利用することができます。 新しい端末にスキップロックをインストールすると、アップグレード購入済みかをアプリが自動的に検知し、トライアルモードを機能無制限モードに変更します。 ただし、スキップロックを購入した時と同じアカウントで Google Play アプリにサインインしていることが前提になります。 使用中の携帯で複数の Google アカウントを利用している場合、必ず適切なアカウントで Google Play アプリにサインインしてください。

「複数のルーターを検知しました」という通知を毎回受け取ります。 止める方法は?

ネットワーク内に複数の Wi-Fi ルーターがある場合、そのつど個別に、あるいはすべてまとめて一度に追加してください。 すべてまとめて一度に追加すれば通知されなくなります。 すべてまとめて一度に追加するには、Wi-Fi ネットワークを追加する際に「すべてのネットワークをこの名前に追加」のチェックボックスにチェックを入れてください。 同時に 2.4 ギガヘルツと 5 ギガヘルツを使用するルーターの場合、再通知される可能性があります。 対処法は同じです。 ネットワークにあるすべてのルーターを追加せずに通知を表示させたくない場合、設定にある「複数ルーターの通知を表示」のチェックを外せば表示されなくなります。

all-networks-320

使用している端末がロックされパスワードを拒否されました、あるいはパスワードを忘れてしまいました

ごくまれに Android ROM のバグが発生し、パスワードを設定していないのにパスワードを求められることがあります。 パスワードを空欄にしたままキーボードの[ENTER]を押してみてください。 端末のロックが解除されることがあります。 Android のデバイスマネージャを使い、パスワードをリセットすることも可能です。

「Unlock With WiFi」のロック遅延機能はどうなったのですか?

Android 4.0 以降にはロックの遅延機能が内蔵されています。 「設定」>「セキュリティ」>「自動的にロック」を開いてください。 遅延時間を設定できます。 「電源ボタンで瞬時にロック」にチェックが入っていないことを確認した方が良いでしょう。

lock-delay-320

アプリに不具合が発生しています。 どうやら、バグのようです。

まず、不具合が何度も起こるかどうか確認してください。 つまり、不具合が再現する状況や動作を確かめてください。 次に、メニューにある[バグ報告]を押し、メールを送信してください(英語のみ対応)。 問題を特定する手がかりになります。 どのような不具合かを忘れずにメールで説明してください。 不具合の詳細説明が無いバグ報告では対策を立てられません。

有料バージョンはどこにありますか? トライアル版しか見当たりません。

機能制限のないフルバージョンとは、アプリ内購入によりトライアル版のロックが解除された状態です。 アップグレードを購入すると、トライアル版が有効期限のない機能無制限バージョンに変更されます。 アップグレードしても機能自体は変更されません。

スクリーンショットに掲載されている 3 つの点(・)がトップバーのメニューボタンに表示されていません。

デバイスの「ハードウェア・メニュー」ボタンによっては、3 つの点(・)がメニューボタンに表示されないことがあります。 「ハードウェア・メニュー」ボタンを押して、メニューにアクセスしてください。

uninstall-320

ルート権限のない端末では、パターンやフェイスアンロックがサポートされていないのはなぜですか?

単に不可能だからです。 ルート権限が無い場合、Android ではパターンやフェイスアンロックを解除できない仕様になっています。 可能であればスキップロックでもサポートしますが、残念ながら Google 社製 Android の仕様なのでアプリ側では対応できません。 ルート権限が無い端末でパターンやフェイスアンロックをサポートしているアプリは一切ありません。

Android のパスワードをスキップロックで使えるように設定しなくてはいけませんか?

はい。 パスワード無しではスキップロックを利用する意味がありません。 ルート権限がある端末の場合、スキップロックをインストールする前に、Android の設定で「画面ロック」パスワード設定してください。 ルート権限が無い端末の場合、スキップロックが Android のパスワードを設定してくれますので、スキップロックをインストールする前に設定する必要はありません。